聖コロンバン会百周年

皆さま、7月1日の仮設倉庫への荷物の移動、お疲れさまでした。おかげさまで、新談話室及び倉庫の建設に着工することができました。

この教会報が発行されるころには、旧談話室棟とコロンバンホールは、すでに解体・撤去されていると思います。その後、倉庫棟の基礎工事を行い、9月には旧ショップを解体して、談話室と新ショップの基礎工事に着手する予定です。10月、11月には、倉庫棟と談話室・ショップの建屋工事、内・外装仕上工事を行い、クリスマスには新しい建物が使えるようになる予定です。

また、新築から13年経った聖堂と聖パトリックホールの大規模修繕(屋根、外壁工事)についても、教区から着工承認をいただきました。10月に着工して、11月末には終了する予定です。

どちらの工事も、平塚市東八幡に本社のある匠建設にお願いします。安全には十分配慮してもらいますが、皆さまも各自お気をつけいただいて、工事現場へはなるべく近寄らないようにしてください。

工事は基本的には、日曜日以外の毎日行います。工事期間中に教会敷地内で大人数のイベントを予定されている方は、早めに建設委員までご連絡ください。イベント中に工事音を立てないなどの、対応を取らせていただきます。

工事期間中、ショップ“ガリラヤの丘”は、聖パトリックホール2階の和室で開店します。開店時間は、日曜のみのミサ後から12時半までです。ただし、8月12日および19日は、夏休みといたします。

建屋管理献金のお願いについて

6月から、「建屋管理献金へのご協力のお願い」という文書を、皆さまにお届けしました。この文書につきまして、少し補足をさせていただきます。

現在進行中の工事と、大規模修繕工事を合わせると、工事費は約5,600万円(消費税込)になる見込みです。この工事費は、これまで積み立ててきた建設資金・修繕資金と、今回、皆さまからいただいた献金でまかなう予定です。

ただ、修繕資金の支出は、これで終わりではありません。12から15年後には、今回整備したすべての建物の大規模修繕が必要になりますし、聖堂の冷暖房システムや各部屋のエアコンなど、設備の大規模修繕も、25から30年に一度は必要になります。これら近未来の修繕費のためにも、積み立てを続けなければなりません。そのためにお願いしているのが、「建屋管理献金」です。

今回、改めて建屋管理献金のお願いをさせていただいたのは、より多くの方たちのご協力によって、修繕資金を積み立てて行くべきだと考えたからです。今年4月時点で、建屋管理献金にご協力いただいている方は、月定献金を納めていただいている方の43%です。この比率を少しでも高めていただき、多くの方のご協力のもとに、教会の建物を維持管理していく体制が確立できればと考えています。

また、献金を増額することが難しい方には、月定献金の一部を、建屋管理献金に回していただければともお願いしました。どちらも教会に収める献金なのだから、同じことではないかとお考えかもしれませんが、実は違いがあります。建屋管理献金という名目でいただいた献金は、全額修繕資金として積み立てることができます。ところが、月定献金は、その約4割を、「教区内繰入金」として教区の会計に繰入れる決まりになっています。

教区への繰入金は、司祭の給与や小規模な教会のために使われるお金で、それが大幅に減ってしまうのは問題があります。ただ一方で、将来にわたる修繕費の積み立てを確実なものにするために、より幅広い方たちに毎月少額でも建屋管理献金を納めていただく方法として、月定献金の一部を建屋管理献金に回していただくことを提案した次第です。
誤解がないように繰り返しますが、信徒全員に強制的に建屋管理献金を納めてくださいとお願いしているわけではありません。献金はあくまでも自主的に、可能な範囲で行うものです。献金を増やさなければ教会に来づらくなるというようなことは、決してお考えにならないでください。

Recent articles

無になることと満たされること

最近の教会行事から ●クリスマス・キャロル 12月24日、クリスマス・イブのキャロルは、3つのコミュニティが交互に歌声を披露しました。伴奏陣には、新たにバイオリ …

クリスマス ― 神様の愛し方

  最近の教会行事から 初聖体 8月15日、被昇天の祝日に、北地区のN・AさんとMくんの姉弟が、初聖体を受けました。テハン神父様とご両親、初聖体クラス …

すべての人の母マリア

最近の教会行事から 洗礼式 4月3日の復活徹夜祭で、3名の方が受洗されました。おめでとうございます。 入信者と共に歩む会 今年の入信者やここ数年に入信された方を …

主の復活が、私たちの命を新たにする

「分かち合いの会」って、何をしているの? 平塚教会には、火曜会、水曜会、土曜会という3つの「分かち合いの会」があります。これらの会には、キリスト教に興味を持った …