ミサのお知らせ

わたしたちは……体を離れて、主のもとに住むことをむしろ望んでいます。(ニコリント5・8より)

【本日の聖書朗読箇所についての解説】
◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所
◯女子パウロ会 ラウダーテ
◯福音のヒント 幸田和生元カトリック東京大司教区司教

2024.6.23

09:30 ドミニコ会原田神父様司式
   「聖ペトロ使徒座への献金」
14:00 英語ミサ

【 本日の予定 】
ミサ後、お茶会(雨天時はパトリックホール) 

6月は「み心の月」

カトリック教会では6月を「イエスのみ心の月」として祝います。
イエスのみ心とは、イエスの心臓であり、特にイエスの愛のことです。イエスのみ心のシンボルは、茨の冠が絡みついたイエスの心臓と、そこから出る炎で描かれます。茨の冠はイエスを傷つける人びとの罪を、炎はイエスの燃えるような愛を象徴しています。
このイエスのみ心の信心は、17世紀のフランスで聖マルガリタ・マリア・アラコクがイエスから啓示を受けたことを機に発展しました。キリスト教の本質であるイエスにおける神の愛に焦点を合わせた信心として、歴代の教皇に承認され、勧められました。
「イエスのみ心の祭日」は、「キリストの聖体の祭日」後の金曜日に祝うため、2024年は6月7日です。翌8日が「聖母のみ心の記念日」となっています。
聖母のみ心のシンボルは、剣で貫かれた心臓で描かれます。これは幼子イエスがエルサレムの神殿で捧げられたときの「あなた自身も剣で心を刺し貫かれます」というシメオンの言葉を表しています。(ルカによる福音書2章35節参照)

能登半島地震被災地の支援募金

2024年1月1日に発生した能登半島を中心とした大地震はにより各地で甚大な被害をもたらしています。これを受け、カリタスジャパンが緊急募金の受付を開始しましたのでお知らせします。募金の方法等は、リンク先のカリタスジャパンサイトをご参照ください。
カリタスジャパンサイト:能登地震災害緊急支援募金
また、被災当該教区である名古屋教区から被災の状況や募金についての情報がホームページ内で公開されております。
名古屋教区ホームページ

能登半島地震被災地の皆さんのためにお祈りいたしましょう
父である神よ、
すべての人に限りないいつくしみを注いでくださるあなたに、
希望と信頼をこめて祈ります。
災害によって、苦しい生活を送り、
不安な日々を過ごす人々の心を照らし、
希望を失うことがないよう支えてください。
また、亡くなられた人々には、永遠の安らぎをお与えください。
すべての人の苦しみを担われたキリストが
いつもともにいてくださることを、
祈りと行動によってあかしできますように。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

教会学校より

7月27日(土)~28日(日)サマーキャンプを、大磯教会で予定しています。
詳しくは、後日お知らせいたします

教会報

●カトリック平塚教会報(第129号)

more

はじめての教会

お入りになっての感想はいかがでしょうか。
ここはいつでも、誰でも、自由に入れます。心静かに、神に語りかけてみませんか。

はじめてのミサ

いつも教会の前を通ると、あの建物の中はどうなっているんだろうと想像していたけど・・・

カトリック平塚教会
ミサのご案内

access
ミサ 主日(毎週 日曜日)9:30 から
平日(毎週 金曜日)10:00 から
Mass in English 1st and 3rd Sunday frome 14:00
Misa en Español Segundo Domingo à partir de 14:00

Information

  • 2024年 能登半島地震 情報ページ
  • 2025年 聖年
お話会「ルワンダで義足を作る。大虐殺から30年を超えて」のお知らせ 

日時:2024年6月30日(日)11:00~12:30
入場:無料(申込不要 一般の方の参加も歓迎)
会場:カトリック平塚教会 聖堂
お話:ガテラさん&真美さん
主催:ルワンダへ愛をこめて応援隊

※ムリンディ/ジャパン ワンラブ・プロジェクト


「若い人が教会に居ない」って本当?小さかったあの頃、親と一緒に行った日曜日の教会。あの頃の友達は最近どうしてるのかなぁ?大人になって初めて出会った信仰。
教会でなかなか同世代の人に会えなくて…よく聞きます!でも…実は教会にはたくさんの青年が居るんです!自分の教会、地域、全国で信仰を中心に青年たちは出会い、どんどんつながりを深めています。そしていつも新しいつながりを歓迎しています。

第66回 横浜教区召命錬成会のお知らせ 

横浜教区では恒例の召命錬成会を下記のとおり開催します。横浜教区で脈々と世代から世代へと受け継がれてきた召命錬成会に、たくさんの子どもたちが参加してくれることを心から願っています。
テーマ:「わたしは良い羊飼いである」(ヨハネ10:11)
対 象:小学5年生 ~ 中学3年生の男子カトリック信者
日 時:2024年7月30日(火)14:00~8月2日(金)13:00
場 所:聖心会山の家(不二聖心女子学院内) 静岡県裾野市桃園198
申込方法:所属小教区の主任司祭もしくは担当司祭にお申し出ください。
申込締切:2023年7月2日まで
問い合せ:牧山善彦神父(横浜司教館)Tel 045-662-5585(代)
参加申込・サブリーダ参加申込:詳細はこちら  ※支援頂けるサブリーダも募集しています

カトリック青年連絡協議会(横浜教区)

カトリック青年連絡協議会 (@pr_catholicyouth)

カトリック青年連絡協議会広報委員会


「共同宣教司牧サポートチーム神奈川 2024年度版研修一覧表」を聖堂入り口に掲示してあります。申込書は、司祭館事務室にあります。各講座ごとに申し込みの期日がございますので、御確認をお願いいたします。
※サポートチームの研修会・講座に関して、教区事務局への直接のお問い合わせはご遠慮ください
共同宣教司牧サポートチーム神奈川ウェブサイト
信徒・修道者・司祭による共同宣教司牧 交流会・養成研修会 2024年度研修 一覧 


リンク:バチカンニュース
リンク:Vatican News(Youtube)LIVE

6月の教皇の祈りの意向:祖国から逃れる人々のために(2024.5.28)

教皇フランシスコは、2024年6月の祈りの意向をめぐり、ビデオメッセージをおくられた。~祈りましょう。戦争や飢餓から逃れ、危険と暴力に満ちた旅路を余儀なくされた移民が、受け入れ国で歓迎され、新しい生活の機会を見出すことができますように。(抜粋)

「神の霊の導きの下に書かれた聖書」(2024.6.12) 

教皇は「聖霊と花嫁。聖霊は神の民をわたしたちの希望イエスとの出会いへと導く」を主題とするカテケーシスとして、「聖書全体が神の霊の導きを受けている。神の御言葉から神の愛を知る」をテーマに講話された。~特別な感動もなく何度も読んでいた聖書のある箇所が、ある日、信仰と祈りの空気の中で読んでいるうちに、突然輝きを帯び、わたしたちに語りかけ、まさに自分が経験している問題に光を投げかけ、ある種の状況に置かれたわたしたちに神の御旨をはっきりと示すことがある。この変化をもたらしたものが、聖霊の照らしでなくて、何であろうか。聖書の言葉は、聖霊の働きのもとで、輝くものとなる。こうした時、『ヘブライ人への手紙』の次の言葉が実感される。「神の言葉は生きており、力を発揮し、どんな両刃の剣よりも鋭い」(参照 同4,12)。~聖書を導かれ、今、聖書から導かれる聖霊よ、わたしたちが生活の具体的な状況の中で、この神の愛を受け取ることができるようお助けください。(抜粋)

司祭たちの目に見えない活動の重要性を強調(2024.6.12) 

教皇フランシスコは、ローマ教区の叙階後11年以上・39年以下の司祭たちと対話された。~教皇は、ロレンツォ・ミラーニ神父(1923‐1967)を「イタリアの司祭の偉大な光」として示したほか、司祭が世俗に陥る危険、小教区に「ありとあらゆる」すべての人を受け入れる必要等について話された。苦しむ人々への司牧をめぐり、教皇は「寄り添い」「憐み」「優しさ」という神の3つの特徴に倣うよう勧められた。~司祭の「目に見えない活動は、目に見える活動よりも重要」である~司祭の仕事はこうした困難に置かれた人々に出会いに行くこと、と述べ、「預言的な教会か、聖職者至上主義的教会か、それを選ぶのはわたしたちである」と話された~教皇は、司祭らの日頃の奉仕に感謝を表され、共同体的な識別、すべての人への傾聴を大切にしながら、これからもそれぞれの任務に励むように願われた。(抜粋)

イエスの自由について観想、日曜正午の祈り(2024.6.9) 

年間第10主日、教皇はこの日の福音朗読箇所(マルコ3,20-35)を取り上げながら説教を行い、イエスの自由について観想された。~イエスは自由な人であった。これはわたしたちにとっても大切なことである。もし、わたしたちが享楽や、権力、お金、承認の追求に左右されるなら、わたしたちはこれらの物事の奴隷になってしまう。それに対して、もし、神の無条件の愛に心を開き、自分の全存在をもって、恐れも計算もなく、それを他者のためにもあふれさせることができるならば、わたしたちは自由の中に成長し、自由のよい香りをまわりにも広げることができるだろう。ここで自問しよう。わたしは自由な人間だろうか。それとも、お金や、権力、成功の神話に囚われ、そのために自分や他者の平和を犠牲にしているだろうか。自分が暮らし、働く場所に、自由で誠実で自然な、さわやかな空気を振りまいているだろうか。(抜粋)

「家庭を守ろう」ローマ郊外で教皇による「祈りの学校」(2024.6.7)

教皇フランシスコは、ローマ郊外の小教区の住宅街を訪問、2025年の聖年を準備するための集い「祈りの学校」を行われた。~集合住宅の谷間のガレージが並ぶ空間で行われた教皇と信者たちの出会いは、親しく温かい雰囲気に包まれたものとなった。~教皇と信者たちの対話では、「家庭」が中心的なテーマとなった。「家庭を守りましょう。家庭は子どもたちを育てるための酸素です」と教皇は話し、両親が喧嘩をしても、それは普通のことであり、重要なのは、その日のうちに和解することと、日常生活の中で「ありがとう、ごめんなさい、…をしてもいいですか」という思いやりの言葉を常にかけ合うこと、と述べられた。~「どうしたら信仰を育てることができるのか」という若者たちからの質問に、教皇は「ただ証しを通してのみ」信仰は育つ、と答えられた。~教会の共同体としての性格を強調された教皇は、お年寄りは記憶を、子どもたちは未来の約束を支える存在であり、教会の中で子どもとお年寄りに対する関心と配慮を忘れないようにと希望された。(抜粋)

「司祭は独りでは歩めない」教皇と聖職者省関係者との集い(2024.6.6)

教皇フランシスコは、6月6日、教皇庁聖職者省のメンバーとお会いになった。~教皇は関係者への挨拶で、今総会の3つの重要テーマである、「司祭の生涯養成」「召命の促進」「終身助祭」について、それぞれ助言を行われた。~「司祭は独りでは歩めない」と述べた教皇は、個人生活、司牧生活における嵐の海で、寄り添いと帰属の感覚を持つことが救命具になると強調。司教、司祭たち、修道者、教会系の組織や、教会運動のグループなどとの兄弟的なネットワークを作り出すことが不可欠である、と話された。~(抜粋)

「思いのままに吹き自由をもたらす聖霊」(2024.6.5)

教皇は先週から始まった「聖霊と花嫁。聖霊は神の民をわたしたちの希望イエスとの出会いへと導く」を主題とするカテケーシスの第2回として、「風は思いのままに吹く。主の霊のおられるところに自由がある」(参照 ヨハネ3,8、2コリント3,17)をテーマに話された。~わたしたちがある人物について最初に知ること、それは名前である。わたしたちはそれによってその人を呼び、認識し、記憶する。聖三位一体の三番目のペルソナも名前を持っている。それは聖霊である。しかし、聖霊を指す「スピリトゥス」という呼び方はラテン語化されたものである。最初に聖霊を啓示された人々が知った名前、預言者や、詩編作者、マリア、イエス、使徒たちが呼び祈った名前、それは風や息を意味する「ルーアハ」という名であった。~(抜粋)

スーダンの武力紛争の終結を祈る(2024.6.2) 

内戦から1年以上が経過したにも関わらず、いまだ平和的な解決策を見出せずにいるスーダンのために祈って欲しいと教皇は招かれた。教皇はこの武力紛争の終結を祈ると共に、住民や避難民への支援をスーダン当局や国際共同体にアピール。特にスーダンと国境を接する国々で、難民が受け入れと保護を得られるようにと望まれた。~(抜粋)

平和の思い新たに、祈りの集いから10年(2024.5.31)

2014年6月8日、イスラエルの故ペレス元大統領、パレスチナのアッバス大統領、エキュメニカル総主教バルトロメオス1世を招き、教皇フランシスコがバチカンで平和のための祈りの集いを行われてから、まもなく10年となる。~この集いから10年、世界は大きく変化し、戦争によりイスラエルとパレスチナ間の情勢が困難を極める中、教皇は6月8日、バチカン庭園を訪れ、平和への思いを新たにされる。(抜粋)

「喜びと慰めと希望のメッセージを若者たちに」(2024.5.25)

教皇フランシスコは、5月25日、青少年司牧をめぐる国際会議の参加者らとお会いになった。~教皇は挨拶の冒頭、昨年8月に行われた「世界青年の日(ワールドユースデー )リスボン大会」を振り返り、パンデミック後の影響や緊張する国際情勢の中で希望を必要としていた若者たちは、この機会を通してキリスト者としての喜びを経験することができた、と、同大会に協力したすべての人々に感謝を表された。そして、同大会の体験を、今後予定されている国際レベルの行事、2025年の聖年中の「若者の聖年」と、2027年の「世界青年の日・ソウル大会」につなげ、これらの催しが多くの若者たちに、とりわけ普段教会に通わない人々に、イエスとの出会いをもたらす機会となるように、と望まれた。~教皇は、日常的な青少年司牧に欠けてはならないのは、「神は愛である」、「キリストはあなたを救う」、「キリストは生きておられる」、「聖霊はいのちを与える」といった基本的な確信を若者たちが心に育てられるように助けること、と述べられた。また、教皇は青少年の司牧に必要なもう一つの要素として、「霊的な識別力」を指摘。若者たちにとって、信仰と召命を発見するための道のりの中で、識別力を持つ司牧者と出会うことがいかに大切であるかを説かれた。教皇は、青少年と共に青少年のために働く司牧者らに、イエスは生きておられ、イエスこそ主であるという、喜びと慰めと希望のメッセージを若者たちに届けて欲しいと、励ましを与えられた。(抜粋)

第1回世界子どもの日「平和な、未来ある世界の構築のために」(2024.5.26)

カトリック教会の「第1回世界子どもの日」、教皇フランシスコは、ローマの競技場で世界の子どもたちとの集いを持たれた。~この催しには、世界101ヵ国から、子どもたちと保護者・引率者ら、およそ5万人が参加した。~集いの導入部では、歌やダンスを間に交えつつ、5大陸を代表する子どもたちが自分の暮らしや環境を紹介すると共に、それぞれが今心配していることについて語った。ベツレヘムの少年は、8ヶ月間も空にはミサイルが飛んでいる、と話し、「ベツレヘム、エルサレム 、ガザに生まれたというだけで、子どもたちに一体何の罪があるのだろうか」と話した。また、ウクライナの少女は、「平和が欲しい」と話し、これ以上、子どもたちが爆弾が落ちる音を聞いたり、死を目の当たりにすることがないようにと願った。このほか、ニュージーランドの少女は水害の増加による地球の将来を心配し、アルゼンチンの少年は、病気の子どもや食べる物のない子たちへの思いを語った。~「子どもたち、皆さんのすべてがいのちと未来を物語っています。そして、母である教会は、皆さんを迎え入れ、優しさと希望をもって皆さんを見守ります」と教皇は述べた。~教皇は「喜びをもって前に進みましょう。喜びは魂の健康です。親愛なる子どもたち、イエスは福音の中で皆さんを愛しておられると言われました」と子どもたちを励まされた。(抜粋)

バチカンで「世界子どもの日」のミサ(2024.5.26)

教皇フランシスコは、カトリック教会の「第1回世界子どもの日」、バチカンでミサをとり行われた。~御父はわたしたちを創られました。神はわたしたちを愛しておられます。わたしたちが御父に祈る時、皆が祈るお祈りは何と言いますか。主の祈りです。わたしたちの父である神に、生活の中で見守ってくださるようにと、成長させてくださるようにと、いつも祈りましょう」と語られた。~次に教皇は、「御子のお名前は何と言いますか。そう、イエスです。イエスにわたしたちを助けてくださるように、そばにいてくださるようにと祈りましょう」、「わたしたちが聖体拝領する時、わたしたちはイエスをいただくのです」、「イエスはいつでも、すべてをゆるしてくださいますが、わたしたちはゆるしを願う謙虚さを持たなくてはなりません」と話された。さらに、教皇は「聖霊はわたしたちの中におられる神です。わたしたちは洗礼において、秘跡において、聖霊を受けます。聖霊は生活の中でわたしたちに寄り添ってくださいます。何かしてはいけないことをしようとする時、心の中でわたしたちを叱ってくださる方です」と述べられた。教皇は、「親愛なる子どもたち、わたしたちが幸せなのは、わたしたちが信じる者だからです。信仰はわたしたちを幸福にします」と話し、三位一体の神に祈るように招かれた。(抜粋)

「謙遜は世界と教会における平和の源」(2024.5.22)

教皇は最近続けて来られた「悪徳と徳」をめぐる一連のカテケーシスを、「謙遜」の徳の考察をもって締めくくられた。~「謙遜」の徳は、様々な悪徳の中でも最も深刻な「高慢」の悪徳への偉大な対抗者である。うぬぼれと高慢が、自分を実際以上のものに見せながら、人の心を膨らませているのに対し、謙遜はそれをあるべきサイズに戻してくれる。わたしたちは素晴らしい被造物であるが、長所と短所によって限界づけられた存在である。~高慢から解放されるためには、星空を見上げて、人の本来の大きさを再び見出すのがよい。~自身の小ささについての知覚を心に保つ人は幸いである。これらの人々は、傲慢と言う悪徳から守られるだろう。~謙遜はわたしたちを悪から、また悪の共犯となる危険から救ってくれる。謙遜は世界と教会における平和の源である。(抜粋)

「聖霊の強さと優しさをもって、福音をすべての人に」(2024.5.20)

「聖霊降臨」の祭日、教皇フランシスコはバチカンでミサをとり行われた。~ミサの説教で教皇は、『使徒言行録』が語る「聖霊降臨」の出来事(使徒言行録2,1-11)から、「力強く」同時に「優しい」聖霊の働きを観想された。~聖霊の強い力がなくては、悪を打ち負かすことも、聖パウロが言う「肉の業」、偶像礼拝や、不和、ねたみに勝つこともできない、~一方で、わたしたちの中で働く聖霊は、また「優しく」もある~ごつごつした力強い手で情熱の土を掘り返し、そして、同じ手で優しく「徳」の苗を植え付け、水をやり、愛情をかけて守るような、聖霊の働きを見ることは素晴らしいことである、と語られた。(抜粋)

気候危機への対応に協力と連帯呼びかける(2024.5.16)

教皇フランシスコは、気候変動をめぐる国際会議の参加者らとの出会いを持たれた。~日本からは環境省により脱炭素先行地域に選定された自治体の一つである横浜市から山中竹春市長が同会議に参加。教皇との出会いには、千葉明・駐バチカン日本国特命全権大使も出席した。~「わたしたちは、気候変動や、生態系の多様性の喪失、環境汚染、広がる不平等、食料不安、脅かされる人間の尊厳など、個別でありながら相互に関連し合った制度上の挑戦を前にしている」と教皇は指摘。~気候危機に立ち向かうには、調和ある協力とグローバルな連帯が必要と述べた教皇は、CO 2削減や、生活スタイルの教育、新しい形の出資、自然に基礎を置く実証された解決策の利用などを通して、干ばつをはじめ、気候変動の影響に対するレジリエンスを強化できるように願われた。(抜粋)

「神から来る、聖霊の業である愛」教皇一般謁見(2024.5.15)

教皇は「悪徳と徳」をめぐるカテケーシスで、「対神徳」中の「愛」の徳について考察された。~イエスは山上の垂訓で次のように説かれた。「自分を愛してくれる人を愛したところで、あなたがたにどんな恵みがあろうか。罪人でも、愛してくれる人を愛している。また、自分によくしてくれる人に善いことをしたところで、どんな恵みがあろうか。罪人でも同じことをしている」(ルカ6,32-33)。そして、イエスはこう結ぶ。「しかし、あなたがたは敵を愛しなさい。人に善いことをし、何も当てにしないで貸しなさい。そうすれば、たくさんの報いがあり、いと高き方の子となる。いと高き方は、恩を知らない者にも悪人にも、情け深いからである」(同6,35)。~キリスト教的愛は、愛しがたいものを抱擁し、赦し、悪く言う相手を祝福する。~人生の終りに、わたしたちは一般的な愛についてではなく、まさにこの「愛=カリタス」について裁かれる。「はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである」(マタイ25,40)。(抜粋)

「戦争とは欺瞞である」教皇、恒久平和のために兄弟愛を強調(2024.5.12)

教皇フランシスコは、「人類の兄弟愛をめぐる国際ミーティング」の参加者らとお会いになった。~教皇はこの席で、地球が危機にある中、それぞれの文化の交流を通して、ヒューマニズムこそが人々を一致させ、互いを兄弟と認めさせるということを証しつつ、戦争に「ノー」を、平和に「イエス」とはっきり言うために集った参加者らに感謝を表された。~戦争とは欺瞞であり、恐怖に基づいた国際安全保障の論理も同様であると教皇は指摘。恒久的な平和を保証するには、共通の人間性において互いに認め合う関係に立ち返り、人々の生活の中心に兄弟愛を据えることが必要であり、こうしてのみ、人類家族に未来をもたらす共存モデルを発展させることができるだろう、と話された。政治上の平和には心の平和が必要、と述べた教皇は、人々が信頼のうちに出会う限り、いのちは常にあらゆる形の死に勝利するだろう、と説かれた。(抜粋)

Recent Articles

年間第11主日

わたしたちは……体を離れて、主のもとに住むことをむしろ望んでいます。(ニコリント5・8より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所 ◯女子パウロ会 ラウダーテ ◯福音のヒ …

年間第10主日

お前の子孫と女の子孫の間にわたしは敵意を置く(第一朗読主題句 創世記3・15よりより) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所 ◯女子パウロ会 ラウダーテ ◯福音のヒント  …

キリストの聖体

これは、わたしの体である。これはわたしの血である(福音朗読主題句 マルコ14・22、24より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所 ◯女子パウロ会 ラウダーテ ◯福音の …

三位一体の主日

上の天においても下の地においても主こそ神であり、ほかに神はいない(第一朗読主題句 申命記4・39より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所 ◯女子パウロ会 ラウダーテ …

Events