こんにちは

Featured Articles

平塚教会のミサについて

【毎日の御言葉を味わう】
◯御言葉の典礼 祈る花
◯祈りのヒント せせらぎ

緊急事態宣言に伴う対応について

 「緊急事態宣言」を踏まえ、継続して再度の感染拡大を防止する取組みを致します。

日曜のミサは密集を避けるため、
 ①最大300名→100名程度に減少して行います。
 ※聖堂南側のガラス戸から、聖堂内への出入りはご遠慮ください。
 ※聖歌は控え唱えます。
また、ご自身やご家族に
 ①体調不良が見られる方
 ②感染を心配される方
  は、継続して参加をお見合わせ下さい。
参加される方は、当日ご自身で検温し、
 ①37.3℃以下であることを確認
 ②マスクを着用
 してご参加ください。
集会室・コロンバンルームを利用される方は密閉を避け、
 ①窓の開放、換気
 ②使用後の清掃、殺菌(テーブル、椅子、ドアノブなど)
 ③飲食の禁止
 ④6名まで→コロンバンルーム、7名以上→集会室3
の利用
 の徹底をお願いします。
ミサ、各種講座、集会室利用の際は密接を避け、
 ①終了後は速やかな帰宅
 をお願いします。

・各小教区の信徒の皆様はその方針に従って頂けますようお願いします。
・コロナ感染拡大防止対策として、ミサ参加用紙を提出して頂いています。
 聖堂入口での密を避けるため「地区、氏名、体温、連絡先」を記載した用紙
 ご自宅で記入しご持参ください。
・聖体拝領の際は間隔をあけてお並びください。
・ミサ中の祈りや唱える部分に関して、声を出さず心の中で行うこともご判断下さい。
  ※参加をお控えになる信徒の皆さんは、同じ時間に心を合わせてお祈りください。
※プライバシーに配慮した上で、ミサのライブ配信(Youtube)をいたします。
 →【リンク:カトリック平塚教会ミサ(YOUTUBEライブ配信)】

※ご提出頂いたミサ参加用紙は、参加者把握のため1ヶ月間厳重に保管しています。
 1ヶ月経過した用紙は、シュレッダーにて処分しております。
※感染がわかった方、高熱が続いている方は、次の①②両方にご連絡をお願いします。
 ①教会 → テハン神父様(0463-21-2320) 受付:午前9:00~午後5:00
 ②志澤委員長、または小関副委員長   受付:午前9:00~午後7:00
 ※ 感染拡大を阻止するため出来る限り早めのご連絡をお願いします。
 その際のご本人のお名前の公表などは守秘義務に基づき対応いたしますのでご安心ください。
※なお、緊急時の速やかな一斉連絡について LINE、携帯電話、固定電話の3種類の方法を整備致しました。未申請でご希望の方は、教会委員へお問い合わせ下さい。
「子供とともに捧げるミサ」は行いますが、教会学校は開催延期します。
次の会は、感染防止に留意し開催します。
 ・火曜会     毎月(第1・2・3火曜)13:00~15:30
 ・いつくしみの会 毎月(第1木曜日)   10:00~11:45
  読書と分かち合い(ラウダート・シ 70~92)
※日本のカトリック教会における感染症対応ガイドライン

日本カトリック司教協議会は2020年11月1日付で「日本のカトリック教会における感染症対応ガイドライン」を設定しています。
 →日本語 日本のカトリック教会における感染症対応ガイドライン
 →英 語 GUIDELINES FOR THE CATHOLIC CHURCH IN JAPAN FOR DEALING WITH INFECTIOUS DISEASES
ミサ中の携帯電話の音はミサの流れを中断してしまいますので、ミサ前に必ず電源をお切りくださるか、マナーモードに設定してくださるようお願いいたします。


日本カトリック司教協議会より「新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り」が発表されました。
一日も早いコロナウイルスの終息をお祈りください。


「若い人が教会に居ない」って本当?小さかったあの頃、親と一緒に行った日曜日の教会。
あの頃の友達は最近どうしてるのかなぁ?大人になって初めて出会った信仰。
教会でなかなか同世代の人に会えなくて…よく聞きます!
でも…実は教会にはたくさんの青年が居るんです!自分の教会、地域、全国で信仰を中心に青年たちは
出会い、どんどんつながりを深めています。そしていつも新しいつながりを歓迎しています。
→ 横浜教区 青年活動・予定はこちら


教会報のお知らせ

教会報(第121号:2021年8月15日)を発行しました。聖堂入口に置いてありますのでお持ち帰り下さい。
→ ホームページ版はこちら(※一部編集)

ショップガリラヤの丘からのお知らせ 

緊急事態宣言期間延長に伴い、ショップは9月30日(日)までお休み致します。

9月26日は「世界難民移住移動者の日」です 

今年の「世界難民移住移動者の日」の教皇メッセージのテーマは 『さらに広がる“わたしたち”へと向かって』です。 教皇様はメッセージの中で「(外国人、移住者、疎外された人たちが)『他の人たち』で終わってしまうのではなく、ひたすら『わたしたち』でありますように」と呼びかけます

① 2021年「世界難民移住移動者の日」の教皇メッセージをご覧ください。
   教皇メッセージ https://www.cbcj.catholic.jp/2021/08/10/22979/
   司教団の委員会メッセージ https://www.cbcj.catholic.jp/2021/08/10/22983/
② 9月26日は以下のことについて、お祈りください。
   a)世界の難民、移住、移動者のために。
   b)教会が、国籍、文化の違いを超えて一つの共同体として共に歩んでいくことができるように。

日本カトリック正義と平和全国集会2021 大阪大会(オンライン開催)のお知らせ 

2021年11月22日(月)~23日(火・祝日)
「すべてのいのちを守ろう(誰も置き去りにしない世界に向けて:No one will be left behind)」をテーマとして、zoomによるオンライン開催をします。プログラム詳細、お申込みは以下リンクよりご覧下さい。
参加申し込みは、10月15日(金)まで
 →リンク:日本カトリック正義と平和全国集会2021 大阪大会(オンライン開催)

第53回横浜教区一粒会大会中止のお知らせ

2021年11月3日に開催が予定されていた第53回横浜教区一粒会大会は中止されることになりましたのでお知らせいたします。
 →PDF 第53回一粒会大会中止のお知らせ

横浜教区 共同宣教司牧サポートチーム神奈川より 

横浜教区 共同宣教司牧サポートチーム神奈川のホームページが立ち上がりました。
動画講座、2021年度開催講座、共同宣教司牧ニュースが案内されています。ご覧ください。
 →リンク:共同宣教司牧サポートチーム神奈川


 →リンク:バチカンニュース
 →リンク:Vatican News(Youtube)LIVE

9月の教皇の祈りの意向:環境に配慮した持続可能な生活(2021.9.1)

教皇フランシスコは、2021年9月の祈りの意向をめぐり、ビデオを通しメッセージをおくられました。2021年9月は、「環境に配慮した持続可能な生活」をテーマに、次のように祈ります。「私たちが皆、簡素で環境に配慮した持続可能な生活を、勇気をもって選択し、これに熱心に取り組む若者たちと喜びをともにすることができますように。」

 →リンク:9月の教皇の祈りの意向:環境に配慮した持続可能な生活(バチカンニュース)

「愛とは、忠実・恵み・責任」教皇、スロバキアの若者たちに(2021.8.25)

教皇は、「きっと皆さんは告白すべき罪のことを考えているでしょう。でも、ゆるしの秘跡の中心にあるものは罪でしょうか。その中心にあるものは、罪ですか、それともすべての罪をゆるされる御父ですか」と尋ねつつ、懲らしめを受ける者のように告解に行くのではなく、御父の抱擁を受けるために駆け寄る子のように行くべき、と説かれた。 「神はわたしたちをあらゆる状況から引き上げ、わたしたちのすべて罪をゆるしてくださいます」と、教皇は若者たちを勇気づけられた。

   →リンク:「愛とは、忠実・恵み・責任」教皇、スロバキアの若者たちに(バチカンニュース)

「偽善者は愛することができない」教皇、一般謁見で(2021.8.25)

教皇は、福音書の中でも、イエスは様々な状況において、見せかけは正しくても、内心は偽善に満ちている人たちを強い言葉でとがめている、と話し、その例として、マタイ福音書23章の、イエスが律法学者とファリサイ派の人々を非難する場面を思い起こされた。偽善は、政治や仕事、教会の中にも見られる、と述べた教皇は、「あなたがたは、『然り、然り』『否、否』と言いなさい。それ以上のことは、悪い者から出るのである」(マタイ5,37)という主の言葉を忘れないようにと招かれた。そして、教皇は、「真理を語り、真理と一致することで、わたしたちは愛せるようになる。偽善者は愛することができない」と説かれた。

   →リンク:「偽善者は愛することができない」教皇、一般謁見で(バチカンニュース)

教皇、ワクチン接種を励ますメッセージ(2021.8.18)

教皇フランシスコは、ラテンアメリカの人々に向けた、スペイン語によるビデオメッセージで、新型コロナウイルスのためのワクチン接種の重要さをアピールされた。~「ワクチンを受けることは、共通善を推進し、最も弱い人々はもとより、皆が互いにいたわり合うための、単純な、しかし深い意味を持つ方法です」と教皇は語り、一人ひとりが「小さな砂の粒のような、小さな愛の行為」をもって、より良い未来のために貢献して欲しいと願われた。

   →リンク:教皇、ワクチン接種を励ますメッセージ(バチカンニュース)

「信仰の文化的受肉化、文化の福音化を」教皇、修道者たちに(2021.8.13)

教皇フランシスコは、ラテンアメリカとカリブ地域の修道者を対象とした会議に、ビデオを通しメッセージをおくられました。ラテンアメリカ修道者連盟が主催するこの会議は、多様な修道会や文化が交わる、巡回的な修道生活をテーマに、オンライン形式で8月13日から15日まで開催されています。~ 文化の中で根付いていない信仰は、本物の信仰とは言えない、と述べた教皇は、信者たちの生活や習慣・伝統の中に入り、信仰の文化的受肉化、文化の福音化を推進するよう励まされた。そして、信仰の文化的受肉化、文化の福音化は対(つい)となるもの、と話された。

   →リンク:「信仰の文化的受肉化、文化の福音化を」教皇、修道者たちに(バチカンニュース)


   ※バチカンと日本 100年プロジェクト【クラウドファンディング】 詳細はこちら 

「ヨセフ年」にあたり、「聖ヨセフを普遍教会の保護者とする宣言150周年を記念して」教皇フランシスコの使徒的書簡、及び、日本カトリック司教協議会会長の談話、司教協議会会長の高見三明大司教によるカテケージス 「いのちを守る聖ヨセフ」が発表されましたのでお知らせします。

 →リンク:教皇フランシスコ、使徒的書簡「父の心で」(カトリック中央協議会)

・日本カトリック司教協議会 会長談話「ヨセフ年」にあたって
 → リンク:日本語 Japanese  ,   英語 English
・司教協議会会長 カテケージス「いのちを守る聖ヨセフ」
 → リンク:日本語 Japanese

「すべてのいのちを守るための月間」

日本の司教団は、日本訪問で教皇フランシスコが発信されたメッセージに応えるため、毎年 9 月 1 日~10 月 4 日の1カ月余りを「すべてのいのちを守るための月間」としました。9月第一日曜日(「被造物を大切にする世界祈願日)を含めて、具体的行動が提案されています。

 →リンク:「すべてのいのちを守るための月間」設置について(日本カトリック司教協議会)
 →リンク:会長談話 「神の住まい、地球共同体を一新しよう」(カトリック中央協議会)
 →リンク:会長カテケジス 「環境問題と福音化」(カトリック中央協議会)
 →リンク:「すべてのいのちを守るため」 教皇フランシスコ訪日公式聖歌 YouTube (カリタスカリコ) 

すべてのいのちを守るためのキリスト者の祈り

宇宙万物の造り主である神よ、
あなたはお造りになったすべてのものを
ご自分の優しさで包んでくださいます。

わたしたちが傷つけてしまった地球と、
この世界で見捨てられ、忘れ去られた人々の叫びに
気づくことができるよう、
1人ひとりの心を照らしてください。

無関心を遠ざけ、
貧しい人や弱い人を支え、
ともに暮らす家である地球を大切にできるよう、
わたしたちの役割を示してください。

すべてのいのちを守るため、
よりよい未来をひらくために、
聖霊の力と光でわたしたちをとらえ、
あなたの愛の道具として遣わしてください。

すべての被造物とともに
あなたを賛美することができますように。

わたしたちの主イエス・キリストによって。
アーメン。
(2020年5月8日 日本カトリック司教協議会認可)


Activities

はじめての教会

お入りになっての感想はいかがでしょうか。
ここはいつでも、誰でも、自由に入れます。心静かに、神に語りかけてみませんか。

はじめてのミサ

毎週 日曜日 09:30から
毎週 金曜日 10:00から
英語のミサ 第1, 3日曜日 14:00から
スペイン語のミサ 第2日曜日 14:00から

教会学校

日曜日 10:30から 対象 小学生
一人一人が神さまに愛されているこどもです。大切な自分、大切な家族、大切なお友だち、自分のまわりの人々からも神さまの教えを気づかせていただきます。サマーキャンプ、バーベキュー、クリスマス会などもあります。

Community

Nanbei Community
Philippino Community

教会の活動と行事

平塚教会では様々な活動や行事を行っています。

ガリラヤの丘

聖書・聖画・ロザリオ等のキリスト教関連品などの販売をとおして、地域の方々との交流を目指しています。

講座のご案内

火曜会 土曜会 みつばの会

お近くの教会でも多様な講座が開かれており、どなたでも参加することができます。

お近くの教会

横浜教区 西湘地区教会のご案内です。
カトリック茅ヶ崎教会, 大磯教会, 二宮教会, 国府津教会, 秦野教会, 小田原教会, 真鶴教会

教会で挙式

結婚の準備講座に参加することが必要ですが、一般の方も教会で結婚式を挙げることができます。くわしくはカトリック平塚教会にお問い合わせください。

お知らせ

お知らせ バックナンバー

教会報

教会報 バックナンバー

Latest Article

年間第26主日

「わたしは、主が霊を授けて、主の民すべてが預言者になればよいと切望しているのだ。」(民数記11・29より)

【本日の聖書朗読箇所についての解説】
◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所
◯女子パウロ会 ラウダーテ
◯福音のヒント 幸田和生元カトリック東京大司教区司教

【主日の御言葉を味わう】
◯御言葉の典礼 祈る花
◯日曜日のみことば せせらぎ

2021.9.26

09:30 テハン神父様司式
世界難民移住移動者の日

【 本日の予定 】
世界難民移住移動者の日の祈りと献金をお願いします

 →第107回「世界難民移住移動者の日」教皇メッセージ(日本カトリック難民移住移動者委員会)
 →世界難民移住移動者の日(女子パウロ会 キリスト教マメ知識)

more


Recent Articles

年間第25主日

わたしの名のためにこのような子供の一人を受け入れる者は……(マルコ9・37より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗 …

年間第24主日

自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい (マルコ8・34より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所 ◯女 …

年間第23主日「被造物を大切にする世界祈願日」

神は来て、あなたたちを救われる (イザヤ35・4より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所 ◯女子パウロ会  …

年間第22主日

わたしが命じるとおりにあなたたちの神、主の戒めを守りなさい。(申命記4・2より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗 …

Events