こんにちは

What's New

ミサの対応について

※平塚教会では、ミサと各種講座を再開しました。

※各小教区の信徒の皆様は、その方針に従って頂けますようお願いします。

日曜のミサは密集を避けるため、
 ①最大80名程度で行う予定です。
 ※聖堂南側のガラス戸から、聖堂内への出入りはご遠慮ください。
また、ご自身やご家族に
 ①体調不良が見られる方
 ②感染を心配される方
  は、継続して参加をお見合わせ下さい。
参加される方は、当日ご自身で検温し、
 ①37.3℃以下であることを確認
 ②マスクを着用
 してご参加ください。
集会室・コロンバンルームを利用される方は密閉を避け、
 ①窓の開放、換気
 ②使用後の清掃、殺菌(テーブル、椅子、ドアノブなど)
 ③飲食の禁止
 ④6名まで→コロンバンルーム、7名以上→集会室3
の利用
 の徹底をお願いします。
ミサ、各種講座、集会室利用の際は密接を避け、
 ①終了後は速やかな帰宅
 をお願いします。


※参加をお控えになる信徒の皆さんは、同じ時間に心を合わせてお祈りください。また、今後の状況により変更される可能性があることをご承知おき下さい。

※ご参考
 →リンク:カテドラル山手教会での典礼(YOUTUBEインターネット配信)
 →リンク:ゆるしの秘跡にあずかる代わりに(悔い改めの祈り、悔い改めの祈り:麹町聖イグナチオ教会)

一日も早いコロナウイルスの終息をお祈りください。

典礼当番、9月は北地区です。
8月16日(日)より「子供とともに捧げるミサ」を再開することになりました。
コロナ感染防止対策として、ごミサ参加用紙を提出して頂いています。聖堂入口での密を避けるため、検温も含め、用紙はご自宅で記入したものをご持参ください。
聖堂南側のガラス戸から、聖堂内への出入りはご遠慮ください。
9月から、次の会を再開しました。
 ・火曜会 9月1日・8日・15日(第1・2・3火曜)13:00~15:30
 ・いつくしみの会9月3日(第1木曜日)10:00~11:45
    読書と分かち合い(ラウダート・シ 70~92)
9月からショップガリラヤを再開しました。ただし、しばらくは日曜日のみ、ミサ後からお昼頃までの営業とさせていただきます。
ミサ中の携帯電話の音はミサの流れを中断してしまいますので、ミサ前に必ず電源をお切りくださるか、マナーモードに設定してくださるようお願いいたします。

【その他、関連お知らせ】
教会学校は、まだ、しばらくの間お休みします。
9月の掃除当番 第1~第4土曜日午前9:30から
 12日(土)東地区、19日(土)北地区、26日(土)西地区
その他、当教区の発表をご参照下さい。
 →リンク:横浜教区の公式情報


「新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り

日本カトリック司教協議会認可の「新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り」が発表されました。お祈り下さい。


9月の教皇の祈りの意向:地球資源の尊重のために(2020.08.31)

教皇フランシスコは、今月の祈りの意向について、ビデオを通し次のように語られました。
「今日、明日ではなく、今日、わたしたちは責任をもって自然をいたわらなくてはなりません。 地球の資源が不当に奪われることなく、正しくふさわしい方法で配分されるよう祈りましょう」(抜粋)

 →リンク:教皇「9月の教皇の祈りの意向:地球資源の尊重のために」(バチカンニュース)
 →リンク:ビデオ中継ライブストリーム(YOUTUBEバチカンニュース)
 →リンク:教皇フランシスコ、5月24日「アレルヤの祈り」でのことばと、「ラウダ―ト・シ特別年」の宣言(カトリック中央協議会)


広島・長崎への原爆投下から75年:教皇フランシスコのメッセージ(2020.07.15)

教皇フランシスコは、75回目を迎えた広島・長崎の原爆忌に、メッセージを寄せられました。

 →リンク:広島・長崎への原爆投下から75年:教皇フランシスコのメッセージ(バチカンニュース)」
 →リンク:長崎で75回目の原爆忌(バチカンニュース)」
 →リンク:教皇「軍拡に費やす財源を、人々の発展と環境保全のために」(バチカンニュース)」


戦後75年 日本カトリック司教団平和メッセージ

日本カトリック司教団は沖縄慰霊の日の6月23日、戦後75年にあたり「すべてのいのちを守るため ─平和は希望の道のり─」と題する平和メッセージを発表しました。

 →リンク:戦後75年司教団メッセージ すべてのいのちを守るため ─平和は希望の道のり─(カトリック中央協議会)」

すべてのいのちを守るためのキリスト者の祈り

宇宙万物の造り主である神よ、
あなたはお造りになったすべてのものを
ご自分の優しさで包んでくださいます。

わたしたちが傷つけてしまった地球と、
この世界で見捨てられ、忘れ去られた人々の叫びに
気づくことができるよう、
1人ひとりの心を照らしてください。

無関心を遠ざけ、
貧しい人や弱い人を支え、
ともに暮らす家である地球を大切にできるよう、
わたしたちの役割を示してください。

すべてのいのちを守るため、
よりよい未来をひらくために、
聖霊の力と光でわたしたちをとらえ、
あなたの愛の道具として遣わしてください。

すべての被造物とともに
あなたを賛美することができますように。

わたしたちの主イエス・キリストによって。
アーメン。
(2020年5月8日 日本カトリック司教協議会認可)


教皇フランシスコ訪日 アンケート集計報告

教皇フランシスコ訪日 アンケート集計報告

 2019年11月、「すべてのいのちを守るため」をテーマに来日された教皇フランシスコは、「すべてのいのちを、よりいっそう守り世話する、社会の預言的パン種」となるためには、善意あるすべての人、異なる宗教を信じる人々と対話し、協力することが必要だと語られました。
 日本司教団はこの招きに応え、教皇のメッセージを具体化していくために、2020年2月から4月末まで、カトリック中央協議会の特設サイトにおいてアンケートを実施いたしました。

 →リンク:教皇フランシスコ訪日 アンケート集計報告(カトリック中央協議会)


教会報 「被昇天号」ができました

聖堂の入り口においてありますので、ご自由にお持ちください。

 →リンク:平塚教会報 第118号 2020年8月15日発行


青年企画Online(10月10日)

横浜教区青少年委員会は毎年秋に青年企画を開催しておりますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により合宿形式での開催を断念し、下記の通りオンラインでの企画を計画しました。青年の皆さんの参加をお待ちしています。

日 時:2020年10月10日(日)14:00~16:00
対 象:高校生を除く18歳以上
内 容:ビデオ通話アプリを使った、レクや分かち合い
参加費:無料
主 催:横浜教区青少年委員会
お問い合わせ先:青少年委員会担当司祭
  鈴木 真 神父(山手教会)    045-641-0735
  保久 要 神父(横浜司教館)   045-662-5585
  谷脇 慎太郎 神父(横浜司教館) 045-662-5585
申し込み方法:QRコードを読み取るか、記載のアドレスよりアクセスし、フォームに必要事項の記入をお願い致します。

https://forms.gle/H9NRtcZLPVRjTwSW8

Messes Activités

はじめての教会

お入りになっての感想はいかがでしょうか。
ここはいつでも、誰でも、自由に入れます。心静かに、神に語りかけてみませんか。

はじめてのミサ

毎週 日曜日 09:30から
毎週 金曜日 10:00から
英語のミサ 第1, 3日曜日 14:00から
スペイン語のミサ 第2日曜日 14:00から

教会学校

日曜日 10:30から 対象 小学生
一人一人が神さまに愛されているこどもです。大切な自分、大切な家族、大切なお友だち、自分のまわりの人々からも神さまの教えを気づかせていただきます。サマーキャンプ、バーベキュー、クリスマス会などもあります。

Community

Nanbei Community
Philippino Community

教会の活動と行事

平塚教会では様々な活動や行事を行っています。

ガリラヤの丘

聖書・聖画・ロザリオ等のキリスト教関連品などの販売をとおして、地域の方々との交流を目指しています。

講座のご案内

火曜会 土曜会 みつばの会

お近くの教会でも多様な講座が開かれており、どなたでも参加することができます。

お近くの教会

横浜教区 西湘地区教会のご案内です。
カトリック茅ヶ崎教会, 大磯教会, 二宮教会, 国府津教会, 秦野教会, 小田原教会, 真鶴教会

教会で挙式

結婚の準備講座に参加することが必要ですが、一般の方も教会で結婚式を挙げることができます。くわしくはカトリック平塚教会にお問い合わせください。

お知らせ

お知らせ バックナンバー

教会報

教会報 バックナンバー

News Letter

年間第24主日

七の七十倍までも赦しなさい
(マタイ18・22より)

【本日の聖書朗読箇所についての解説】
◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所
◯女子パウロ会 ラウダーテ
◯福音のヒント 幸田和生元カトリック東京大司教区司教

2020. 9.13

09:30 テハン神父様司式

【 本日の予定 】
ミサ後、避難訓練を行います。
避難訓練後、福祉部会を行います。(第2集会室)

more


Latest articles

年間第23主日 被造物を大切にする世界祈願日

わたしの口から言葉を聞いたなら、わたしの警告を彼らに伝えねばならない (エゼキエル33・7より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解 …

年間第22主日

多くの苦しみを受けて殺され、三日目に復活する (マタイ16・21より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所 …

年間第21主日

シモン・バルヨナ、あなたは幸いだ (マタイ16・17より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所 ◯女子パウロ …

御手に委ねること

カトリック平塚教会報 第118号 2020年8月15日発行 平塚教会主任司祭 トーマス・テハン ミサは三密を避け、席の間隔を空けて行われている今年は、ほとんどす …

年間第20主日

「主よ、どうかお助けください」 (マタイ15・25より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所 ◯女子パウロ会 …

聖母の被昇天

いつの世の人もわたしを幸いな者と言うでしょう (ルカ1・48より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所 ◯女 …

Schedule