新教皇はなぜフランシスコと名乗られたか

ご復活のろうそく

平塚教会主任司祭 トーマス・テハン

私にとって典礼歴で最も印象的なのは、聖土曜日の徹夜ミサの中で祝別された火から復活のろうそくに火を移す瞬間です。マッチという近代的な道具を使うことができる以前は、火打石で火をつけたものです。火打石を打つことでおこる火花は、星の誕生を想起させます。なぜなら、何もないところから新しい生命が現れるからです。
暗闇から新しい灯りが誕生します。初期の教会では、このことが十字架上で亡くなったキリストの復活の象徴とされました。弟子たちへの聖霊降臨が、「天から炎のような舌が一人ひとりの上に降った」と報告されているのを、私は面白いと感じます。キリストの復活は、新たに天と地をもたらした「新しい創造」ともいわれています。その考えは「天と地が第2日目に造られた」という最初の天地創造の話に起源があります。第2日目は、神が御自分の造られたものを「よし」と宣言された他の6日間とは違って、天と地を造った後に「よし」とは宣言しませんでした。その「よし」という宣言がなかったことが、イエスの人生にとっては大きな意味を持っていたのです。

イエスが洗礼を受けた時、天が開き、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という声が天から聞こえたと聖書にあります。イエスは、天と地の和解という使命を始められたのです。この使命は、分裂よりも一致をもたらしました。イエスが弟子たちに「主の祈り」を教えられたということを思い起こす時、私たちはこのことをさらによく理解することができます。私たちは「みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように」と祈ります。キリストは、悪と死に打ち勝つことによって、新しい創造をもたらしました。象徴的にではありますが、祝別された火から復活のろうそくに火をともすことによって、私たちはこの新しい創造に参加するのです。分裂、不一致などは、神に背いた人類によってもたらされたものです。人類は、この新しい創造によって、一致と調和という希望を与えられているのです。この新しい創造は、神による統治、つまり「神の国」をもたらすものです。


 

聖土曜日ミサの中で、司祭は、火をともす前にろうそくを祝別し、その夜の中で最も神聖なものである十字架についてお話をします。また司祭は十字架の印をなぞります。そしてこの新しい創造は神の愛を通して生じたものであることを思い起こします。「人と神」が、また「人と人」がお互いに和解して生きることができるように、神の愛は「キリストが死ぬ」という形で示されました。司祭はまた、アルファとオメガという二つの印をなぞります。この二つの印は、すべてのものの初めと終わりを意味します。この二つの印はギリシア語のアルファベットの始めと終わりの文字です。こうして、その一年のお祝いが始まるのです。このお祝いでは、「今」という瞬間が大切であるとされています。私たちは過去、現在、そして未来をすべてキリストの人生における出来事に結びつけます。このことが祝いの本質なのです。最後に5つの香料がろうそくに描かれた十字架に付けられます。それは私たちが神の啓示による神秘の中にいることを意味しています。

復活のろうそくが灯された時、祝別された火は消されます。暗闇の中にあるただ一つの光であるろうそくが掲げられて教会の入り口に運ばれる時、それは永遠の光という性質を持つのです。「キリストの光」という言葉は復活を意味し、会衆は「神に感謝」と応えます。復活のろうそくの光が会衆の隅々まで広がる時、会衆に加えて教会の建物自体が復活するように思われます。そして聖書の中にあるたくさんの文が朗読され、復活という出来事に続く歴史を物語るのです。私が最も素晴らしいと感じるのは、式典の簡素であるということと、神の世を広げると宣言する信者を招き入れている点です。

Latest articles

環境保護への転換

特集 平塚教会の新しい兄弟姉妹 最近3年間に平塚教会で受洗された兄弟姉妹の中から、4名の方をご紹介します。。 ●マルガリタ・マリア M.Kさん 皆様、こんにちは …

御手に委ねること

特集 新型コロナウイルスと教会 新型コロナウイルスは、教会にも大きな影響をおよぼしました。今後も、第2波、第3波の影響が危惧されますが、とりあえず今年3月から7 …

愛、受難、復活

特集 平塚教会の年間報告 今年は新型コロナウイルスの影響で、年に一度の信徒集会が中止となりました。そこで、信徒集会が開かれていたら発表された内容をご報告します。 …

言葉は肉となって、わたしたちの間に宿られた

特集 教皇フランシスコ訪日 11月23日から26日の教皇訪日は、まだ昨日のことのように思い出されます。日本中に鮮烈な印象を残した4日間を、教皇が残された言葉と、 …