クリスマスに寄せて

特集 平塚教会のクリスマス

クリスマスおめでとうございます。平塚カトリック教会へ、ようこそいらっしゃいました。この特集では、平塚教会に初めていらした方に向けて、クリスマスの意味、フィリピンやアイルランドのクリスマスについてご紹介します。

クリスマスって何を祝うの ?

クリスマスとは、神のひとり子キリストの誕生を思い起こす日です。今から約2千年前、現在では中東のパレスチナ自治区にあるベツレヘムで、イエス・キリストは生まれました。カトリック教会では、4世紀ごろから、12月25日をその誕生日として祝っています。

イエスの誕生の様子は、新約聖書の「ルカによる福音書」と「マタイによる福音書」に書かれています。「ルカによる福音書」には次のように記されています。

イエスの母であるマリアとその夫ヨセフは、住民登録をするためにベツレヘムに旅して、そこでイエスが生まれました。旅先で宿がなかったため、イエスは生まれるとすぐに、飼い葉桶に寝かされました。その地方で野宿しながら羊の番をしていた羊飼いたちは、天使たちから、「今日、ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった」という知らせを受けます。羊飼いたちが急いで行ってみると、天使が告げた通り、飼い葉桶に寝かされた乳飲み子を探し当てました。

「クリスマス」とは、「キリストのミサ」という意味の英語です。ですから、12月24日の夜(クリスマス・イブ)にも、25日にも、教会では「ミサ」を中心にクリスマスをお祝いします。
「ミサ」とは、キリストが十字架上の死に向かう前の晩に、弟子たちと共にした「最後の晩餐」を記念するものです。弟子たちは、キリストが十字架上の死から復活した日曜日を「主の日」と呼んで、この記念を行っていました。カトリック教会では、それを現代の「ミサ」の形にして2千年間継承してきました。「ミサ」とは、集まった人たちが、イエス・キリストに心を合わせて共に祈る場ですので、初めて教会に来られた方も、どうぞご一緒にお祈り下さい。

フィリピンのクリスマス

平塚教会フィリピンコミュニティグループ

国民の約8割がキリスト教徒のフィリピンでは、クリスマスは1年中で一番大切な祝日であると同時に、誰もが楽しみにして待っているお祭です。毎年9月に入ると、街の通りもお店も家々もクリスマス一色になります。どの家も“パロル”と呼ばれるランタンやクリスマスツリーを飾り、心をこめて贈り物を用意します。

“パロル”は、竹と和紙(フィリピンでも“日本紙”と言う)で作った五つ星の形のランタンで、フィリピンのクリスマスのシンボルとして、キリスト教徒に嬰児イエスの許に急ぐ3人の王様を導くベトレヘムの星を連想させます。
“パンガガロリング”(クリスマスキャロル)もクリスマスの伝統行事の一つです。子ども達が小さなグループを作って近所の家から家へとキャロルを歌って廻ります。みんなでアルミニウムの壜のキャップに針金を通して作ったタンバリンのような楽器を使って、クリスマスキャロルやフィリピンの伝統的な歌を歌い、その家の主人が小さなコインを渡してくれるのを待ちます。それから子ども達は「有難う、有難う、ご親切に有難う」とお礼の歌を歌って、また次の家に移ります。

もう一つの伝統行事として、クリマスの当日に子ども達が洗礼の代父母や家族の年長者を訪問する慣習があります。子ども達は代父母やお年寄りの手を取って自分の額に当てて尊敬と愛情を表すのです。そして子ども達はお返しの意味の祝福と贈り物やお金を頂いたりします。



Minor Basilica MANILA
メキシコから来たナザレの像がある教会。スペインを通してフィリピンと中南米がすごく親近感があることを感じることができる。

“シムバングゴビ”はクリスマスの深夜ミサのことで、12月16日から24日深夜まで9日間続きます。深夜ミサといっても、16日から23日までのクリスマス・ミサは早朝4時に始まります。その間は、毎朝ミサの始まる4時を知らせて教会の鐘が鳴り響き、人々は聖餐式に与るために、明け方から教会に集まります。イヴの24日の深夜ミサは早朝ではなく、深夜の12時に始まります。もちろん、鐘は深夜ミサの時間に合わせて鳴り渡ります。

クリスマス・イヴはフィリピンで最も伝統的な家族の祝いです。この夜、人々はほとんど眠らずに、ミサが終わると“ノチェブエナ”の準備をします。これはオープンハウスのようなもので、家族、友人、親戚、隣人が互いに訪ね合ってクリスマスの挨拶を交わします。遠くに離れている家族も帰省して再会を喜び合うのです。フィリピンのクリスマスは西洋文化とフィリピンの伝統習慣の混ざりあった大切なお祭りで、キリストのご降誕をみんなで祝って、1年間頂いたお恵みを感謝し、お互いに愛し合い、赦し合う、そして改悛のときでもあるのです。


テハン神父様のクリスマスの思い出

子どもの頃、父は金物店でクリスマス用のオモチャを商っていました。12月は毎週木曜の午後1時に店を閉め、ダブリンまで玩具を仕入れに行き、ナヴァンの家に戻ってから品物を揃えていました。家に戻ると父は玩具を車から降ろすのに家中の者を呼び寄せていたものです。翌日、父は1日中オモチャの値札付けや、玩具の配置替えに追われていました。
月が12月にかわると、店のショーウィンドーはその両側に玩具を置いて、真ん中に大きな囲いを作って、その中にヒヨコ達を放し飼いにしていました。そのヒヨコ達が日ごとに育つ姿を、子どもたちだけでなく街ゆく大人達も足を止めて見ていたものです。クリスマス・イヴの日は店員だけでなく、両親、姉妹に3兄弟全員で、ごった返す店で働いたものでした。これは子ども心にも大変エキサイティングで、またとても忙しかったことを覚えています。

その後、私達はサンタが来るのを不安な気持ちで待ちながら眠りにつき、次の朝サンタが置いてくれたプレゼントを開いた時の大きな喜びはいまだに忘れられません。この日の朝はどこの家もクリスマス・ミサに出かけ、帰宅してからのディナーは前々から用意された特別なものでしたから、昼前にクリスマス・ケーキとお茶が出されていました。ディナーは午後の3時半でした。ナイフやフォークがセットされた食堂の大きなダイニングテーブルの上には、銀製のローソク立てが置かれ、部屋中がクリスマスのデコレーションと柊で飾られていました。キャンドルライトが、こうしたクリスマスの雰囲気をより盛り上げていました。七面鳥のディナーに続いて、プラム・プディングとブランデーバターが出されます。このプラム・プディングやクリスマス・ケーキは、10月に沢山のフルーツとお酒を使って作られたものです。クリスマスの日、ウィスキーがプラム・プディングに注がれマッチで火を灯す時、それは暖かさと心地よさにあふれた特別な瞬間でした。
食器類を洗い、片付けてから、家族全員で静まりかえる通りを教区の教会までクリスマスの飼葉桶を観にゆきます。大勢の人たちがその飼葉桶の所でキャンドルを灯し、祈りを捧げていました。家に戻ってからはベッドに入るまでのひと時、家族でトランプに興じていた….こうした事柄ひとつひとつが、当時の私のクリスマス行事でした。

Recent articles

すべての人の母マリア

特集1 平塚教会の地区について  平塚教会では、地域でのつながりを深めるためと、教会からのお知らせを全員に速やかに伝えるために、信徒の居住地域によって、東西南北 …

主の復活が、私たちの命を新たにする

特集 平塚教会の年間報告 去る3月21日、カトリック平塚教会の年に一度の信徒集会が開かれました。集会では、2020年度の活動報告と2021年度の計画が発表されま …

環境保護への転換

特集 平塚教会の新しい兄弟姉妹 最近3年間に平塚教会で受洗された兄弟姉妹の中から、4名の方をご紹介します。。 ●マルガリタ・マリア M.Kさん 皆様、こんにちは …

御手に委ねること

特集 新型コロナウイルスと教会 新型コロナウイルスは、教会にも大きな影響をおよぼしました。今後も、第2波、第3波の影響が危惧されますが、とりあえず今年3月から7 …