受 肉

カトリック平塚教会報 第125号 2022年12月24日発行

Church Bulletin / Informativo Parroqial

平塚教会主任司祭 トーマス・テハン

 受肉(incarnation=神の御子が人となられたこと)という言葉を聞くと、私は2000年ほど前のイエス誕生のことを思いうかべます。毎年私たちはクリスマスを祝いますが、インマヌエル(Immanuel)という言葉を用いる時、神は私たちとともにおられる、ということをあらためて考えます。
 私たちは、イエスが弱さを持った幼子として生まれてきたことに心から感動します。そして、このできごとを最初に目にしたのが羊飼いたちであり、イエスが寝かされている飼い葉桶にたどり着いたのが、東方から星を目指してやってきた3人の博士だったという、福音記者が書き記した物語に心から感動するのです。聖フランシスコは、クリスマスの馬小屋に動物たちを加えています。聖フランシスコは、神自らが人間の弱さを引き受けるという謙虚さの神秘に気づくことによって、私たちもまた神聖な運命を持っていることに感謝できるようにと願ったのです。
 イエスの誕生と生涯は特別な素晴らしいできごとであり、特別だからこそ私たちは難なく理解することができます。そして、聖書はこのことについて普遍的な背景を教えてくれます。私はイエスの受肉が、第二の受肉だと考えています。
 聖書の最初の部分をふり返ってみると、創世記の中に、神の霊が水の面を漂っていて、第一の創造の経緯として、「光あれ」と言うと光が現れ、神は光を見て良しとされた、とあります。
 また、ヨハネによる福音書の第1章には、次のように書かれています。「初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は、初めに神と共にあった。万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何ひとつなかった。言の内に命があった。命は人間を照らす光であった」。
 全宇宙には一定不変のものがあって、それは光の速さです。暗闇の中にあっても光の中性微子(ニュートリノ)が存在します。神の本質は、父と子と聖霊の関係の中にあります。この愛の関係は、創造を通じて、目に見える物質の中にあふれています。物質の創造は、光を通して目に見えるものになることに依存しています。光はキリストであり、キリストはすべての創造物の本質の中にあると私は考えます。
 私たちが星を見て、それらが何光年離れたところにあるかと思い巡らすことも理にかなっているのです。今では、ハッブル宇宙望遠鏡によって、以前よりもはるか遠くの星にもたどり着くことができます。
 命の神秘は無限です。キリストは、創造された宇宙を通して表された神の愛と共に、永遠に存在するのです。キリストは普遍的な存在であり、イエスは特別な存在です。それは、大宇宙と小宇宙の関係です。ふたつの受肉を設定することが、イエスの受肉に光をあてるのです。二番目の受肉は一番目の受肉、つまり、神の物質的な創造を伴った愛の結合体から生ずるものです。このことはおそらく、イエスとキリストに対する私たちの信仰を深め、広げるものだと思います。命の神秘を分かち合うことで、私たちが神のあふれる愛に驚かされることを決してやめませんように。(訳:M.U)

Incarnation  Thomas Tehan

    When I hear the word incarnation I think immediately of the birth of Jesus some two thousand years ago. We celebrate Christmas each year to remind ourselves that God is with us when we use the word Immanuel.
  We are touched in our hearts that Jesus was born as a vulnerable child and how the story of the birth as related by the evangelists mention that shepherds were the first outsiders to witness this event as were also three people who followed a star from the east until it settled over the manger where Jesus lay.
St.Francis added other touches with animals present as we have in the Christmas crib. St.Francis hoped that we would realize the mystery unfolding of God humbling himself and taking on the vulnerability of the human condition so that we could appreciate that we too have a divine destiny.
Jesus’s birth and life was a particular wonderful event, and because it was particular we can readily relate to it. However scripture opens up for us the universal background to this. I would like to look at this incarnation of Jesus as being the second incarnation.
If we go back to the beginning of the Bible we find in the creation accounting that the spirit hovered over the waters and that the first act of creation was ‘let there be light’ and there was light and it was good.
However in St.John’s gospel chapter one we have the words ‘ in the beginning was the Word and Word was with God, and the Word was God; he was in the beginning with God. All things were made through him and without him nothing came to be. Whatever has come to be, found life in him, life which for man was also light’.
Throughout the whole universe there is one constant and that is the speed of light. Even in darkness there are neutrinos of light. God’s essence consists of the relationship between Father, Son and Spirit. As this relationship of love overflows into a material visibility through creation. Material creation depends upon it’s visibility through light. I suggest that that light is Christ, who is present in the essence of all created things.
Then it makes sense to look at the stars and wonder how many light years they are away from us. Now with the Wabble telescope we can reach back further than we have ever been able to do.
The mystery of life infinite. Christ has been with his manifestation of God’s love through his created universe and will be forever. Christ is the universal presence and Jesus is the particular presence. The macrocosm and microcosm in relationship.
Positing two incarnations sheds light on Jesus’s incarnation. The second incarnation flowed out of the first, out of God’s loving union with physical creation. Maybe this might deepen and broaden our faith in Jesus and the Christ. May we never cease to be amazed at God’s abundant love in sharing with us the mystery of life.


Recent articles

無になることと満たされること

カトリック平塚教会報 第123号 2022年4月17日発行 平塚教会主任司祭 トーマス・テハン ミサの中では、司祭が奉納のあと「信仰の神秘」と唱えると、信徒が、 …

クリスマス ― 神様の愛し方

カトリック平塚教会報 第121号 2021年12月24日発行 平塚教会主任司祭 トーマス・テハン 人生とは、絶えず広がりながら、複雑に変化していくものです。この …

すべての人の母マリア

カトリック平塚教会報 第121号 2021年8月15日発行 平塚教会主任司祭 トーマス・テハン 聖母被昇天の祝いにあたって、イエスの愛する弟子、聖ヨハネが伝える …

主の復活が、私たちの命を新たにする

トリック平塚教会報 第120号 2020年4月5日発行 平塚教会主任司祭 トーマス・テハン 毎年、日中の時間が伸びて暖かくなり、新たな自然の命が芽吹く春は、特に …