キリストは復活された

特集 平塚教会の年間報告

去る3月19日、カトリック平塚教会の年に一度の信徒集会が開かれました。集会では、2022年度の活動報告と2023年度の計画が発表されました。また、新しい教会委員会などのメンバーも発表されました。この特集では、信徒集会の内容を、かいつまんでお知らせします。まずは、新委員長のご挨拶から。

●誰もひとりではない
主のご復活おめでとうございます。
今年4月より志澤さんの後を引き継ぎ委員長の役を受けることとなりました
小関真与です。よろしくお願いします。
私は平塚教会において決して古くからの信者ではありませんが、そのような私が委員長の役を与えられたことに、多少の戸惑いを感じております。しかし、それが今回2023年のテーマを考える上で、大きな意味を持つのではないかと思っています。
私は、結婚前は古くからの信者の娘として、教会の人たちは当然のようにお互い助け合うという環境ですごしました。しかし、結婚後は転勤に伴い、いくつかの教会を転々としました。その頃感じた孤独感と多少の疎外感を払拭したくて、平塚教会でひとつの奉仕のグループと祈りの会に属させていただきました。そのつながりをとおして、私に対し親切に導いてくださった神父様を
はじめ、信徒の皆さまの暖かさに励まされ助けられました。
平塚教会には、そのような包容力があると思います。そのような力をもっと広めていくために信徒資料のテーマを「誰もひとりではない」というものに決めさせていただきました。教会に新しく来て、まだあまり話をするチャンスがなくいる人などが、教会に楽しみと安らぎを感じ、教会を心のよりどころにできるように努力してゆこうと考えております。
最後になりますが現実として「地球環境への意識や今私たちがやれること」へのモチベーション維持のため教会全体で取り組んで行けたらと思います。
以上で新任の挨拶とさせていただきます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 01-SHIZ-1.jpg


●委員長の任期を終えて
信徒の皆さまのご協力のもと務めてまいりました教会委員長も、この3月で任期を終えることとなりました。在任中は多くのご指導ご鞭撻を賜りましたこと、この場を借りてお礼申し上げます。新委員長の小関さんは、クリスマスカードの挿絵などでもご存じのとおり、芸術家肌で大変素晴らしい才能をお持ちの方です。きっとその豊かな感性で平塚教会をより良い方向に導いてくださることでしょう。よくプロスポーツの世界などでは、あの選手は記録には残らなかったけど記憶には残ったというワードを聞きます。この4年間はパンデミックに始まり、コロナ一色といった状況で、委員長として大した実績(記録)も残してはおりませんが、私の存在はぬきにしても、後世に語り継がれる皆さまの記憶に残る4年間であったのではないでしょうか。 
アフターコロナの世界を教会が、「行きなさい」というイエスの力強い派遣の言葉に思いを巡らせ、3つのコミュニティが協力しあい、共に歩んでいけますことを願っております。



Recent articles

今、この瞬間について、「はい」 と応えよう

特集 一粒会と司祭召命について  2023年10月9日(祝)、鎌倉市の清泉小学校で、第55回横浜教区一粒会(いちりゅうかい)大会が開催されます。大会のスローガンは、『私たちのうちから司祭を召し出してください』です。一粒会 …

受 肉

  特集 第6地区合同堅信式 12月4日(日)、カトリック平塚教会で、横浜教区第6地区合同堅信式が行われました。この特集では、当日の様子について、堅信のための準備について、そして堅信を受けた方たちの声をお届けします。 ● …

無になることと満たされること

特集 平塚教会の年間報告 去る3月20日、カトリック平塚教会の年に一度の信徒集会が開かれました。集会では、2021年度の活動報告と2022年度の計画が発表されました。また、新しい教会委員会などのメンバーも発表されました。 …

クリスマス ― 神様の愛し方

特集 平塚教会の新しい兄弟姉妹 最近3年間に平塚教会で受洗された兄弟姉妹の中から、5名の方をご紹介します。。 ●マリア・テレジア K.Iさん  私は幼稚園、小学校、中学校をカトリックの学校で過ごしてきました。だから週に1 …