聖母マリアの被昇天

連載企画 神奈川第6地区教会めぐり 1

カトリック横浜司教区は、神奈川、山梨、静岡、長野の4県を15の地区に分けて、地区ごとに共同で福音宣教を実践しようとしています。平塚教会は、神奈川県西部地区の8小教区9教会からなる「神奈川第6地区」に所属しています。メンバーは、茅ヶ崎、大磯、二宮、国府津、小田原、箱根(小田原の巡回教会)、秦野、真鶴、そして平塚の各教会です。この連載では、第6地区の教会を毎回2つずつ紹介していきます。


カトリック小田原教会

小田原教会は長い歴史を持つ教会です。今から130年前の明治12年(1879年)、フランス人のテストヴィッド神父が、現在の南町に民家を借りて宣教を始めたのが最初とされています。その後、布教の拠点は2回ほど移転していますが、一度も途切れることなく現在まで続いています。城下町小田原で、幾度かの戦争をはさんで、外国人宣教師が布教を続けていくには、並々ならぬ苦労があったと伝えられています。
場所は、小田原駅から徒歩約10分。小田原駅東口のロータリーからまっすぐ伸びる太い通りを進み、2つ目の信号「栄町一丁目」を左方向へ、さらに2つ目の信号「大工町通り」を左折、2つ目の細い路地を右に入ると、目の前に教会の塔が突然現れます。現在の聖堂は、78年前の昭和6年に建てられました。敷地内にある「新玉幼稚園」も同じ時に併設されたということです。聖堂は白い壁と緑の窓枠が印象的な文化財級の建物です。敷地面積は約850坪で、登録信徒数は約570人います。(2009年12月)


カトリック小田原教会
小田原市榮町4-6-5
0465-22-2590

access


カトリック箱根教会
足柄下郡箱根町強羅1300–5
0460-82-2764

access

カトリック箱根教会

箱根教会は、志賀直哉の旧別荘だった土地を、アトメント会が昭和25年(1950年)に購入して建てられました。献堂は昭和26年で、当時は「洗礼者聖ヨハネ・カトリック教会」という名前でした。昭和49年に、横浜教区の直轄に移り、名前も現在の「カトリック箱根教会」となりました。そして、平成9年(1997年)から、小田原教会の巡回教会となっています。巡回教会といっても、信徒名簿や財務の管理など教会の運営面に小田原教会が協力しているだけで、教会としては立派に機能しています。月曜日以外の日中は、シャルトル聖パウロ修道女会のシスターが常駐されています。

場所は、箱根登山鉄道終着の強羅駅から徒歩3分。改札を出て、線路沿いに少し戻って左手の踏切を渡り、緩やかな坂を下っていくとT字路の正面に教会の門があります。平塚教会より少し大きい約1,300坪の敷地は、高い木々に囲まれています。築58年の聖堂の内部は、クラッシックな趣があります。教会の庭には、フランスのルルド百年祭を記念して建てられた、ルルドの洞窟とマリア像があります。

日曜日のミサは午前8時から。出席者はシスターと信徒合わせても20人程度ですが、土地柄、観光に訪れた人の姿も見られます。小田原教会の岡村神父様が、山を登って来てミサをあげ、忙しく山を下っていかれます。

Recent articles

すべての人の母マリア

特集1 平塚教会の地区について  平塚教会では、地域でのつながりを深めるためと、教会からのお知らせを全員に速やかに伝えるために、信徒の居住地域によって、東西南北 …

主の復活が、私たちの命を新たにする

特集 平塚教会の年間報告 去る3月21日、カトリック平塚教会の年に一度の信徒集会が開かれました。集会では、2020年度の活動報告と2021年度の計画が発表されま …

環境保護への転換

特集 平塚教会の新しい兄弟姉妹 最近3年間に平塚教会で受洗された兄弟姉妹の中から、4名の方をご紹介します。。 ●マルガリタ・マリア M.Kさん 皆様、こんにちは …

御手に委ねること

特集 新型コロナウイルスと教会 新型コロナウイルスは、教会にも大きな影響をおよぼしました。今後も、第2波、第3波の影響が危惧されますが、とりあえず今年3月から7 …