環境保護への転換

●新型コロナウイルスの医療の現場から

平塚教会の信徒である、看護師のA.Tさんに、医療現場からの切実な声をお聞きしました。画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-10.png

私は、横浜市戸塚区の130床の病院で、看護師として勤務しています。当院でも、新型コロナウイルスの感染者が来られることを想定して、テント3台と自動車2台を病院の裏の方に待機させています。外来の患者さんには、看護師は防護服に着替えて対応しており、転院してきた方が濃厚接触者だったこともありましたが、当院では幸いなことに、これまで感染者は出ていません。
神奈川県には、420床のコロナ用のベッドが用意されており、先週の会議ではそのうち220床が埋まっているとのことでした。はた目から見ると、まだ半分だから大丈夫じゃないかと思われるかもしれませんが、実際には神奈川県も、医療崩壊一歩手前の状況です。ベッドはあっても、働く人がいないのです。ICU(集中治療室)の患者1人に対して、5人の医療従事者が必要になります。そのメンバーをどこから連れてくるのか。ICUのメンバーには、それなりの経験が必要なので、新人にポンと任せるわけにはいかないのです。
コロナ以降、いちばん大きく環境が変わったのは、認知症の入院患者さんです。家族との面会ができなくなり、患者さんの中には捨てられたと思って不穏になる方がいます。ご家族も患者さんに会えないので不穏になります。患者さんの症状について、ご家族に電話で説明しても、会っていないので以前の状態を忘れてしまっています。会えないということが、こんなに大変なことだとは、これまで気づきませんでした。
患者さんの看取りも、思うようにできません。本来なら、ご家族の方に24時間いついらしてもいいですよとお伝えしていたのに、2人までにしてくださいとか、15分以内とか、とんでもないことをお願いしています。親の死に目に会えない人も増えてきています。
医療従事者として困ったことは、最初は物品がないことでした。手袋からガウンから、みんななくなって、マスクを洗って使ったりしていました。ただ、ありがたいことに、それはほぼ解消されました。いま困っているのは、職員のストレス度がピークに達していることです。病院の職員は、あちこちに行ったというだけで非難されるので、食べにも、飲みにも、遊びにも行けません。休みもあげたいのですが、普段からぎりぎりのメンバーでやっているので、なかなか思うように休ませてあげられません。
ストレス度がピークに達して、ICUの看護師が辞めはじめています。看護師たちは、患者さんの吸引もするし、体も拭くし、目を合わせて話もします。患者さんの肌に、いちばん触れるのが看護師なのです。防護服を着ているとトイレにも行けないので、6時間、なるべく水も飲まないようにして看護しているのです。おまけに、病院は赤字なので、ボーナスが半分になったりして、「もうやっていられない」となるのです。
いま、一般の方たちにお願いしたいのは、「おうちにいてね!」ということです。家庭内で感染するのは仕方ないとしても、無症状の感染者が次から次へと他の人にうつしているのが現状だからです。年末年始に、多人数の集まりに参加すると、どうしても楽しくなってしまいますから、参加をおひかえください。
平塚教会の皆さんには、年末年始、おうちにいて、闘っている医療従事者のためにお祈りしていただければありがたいです。

Recent articles

無になることと満たされること

共同宣教司牧サポートチーム神奈川(座長・鈴木真神父様)は、横浜教区の方針に従って、信徒・修道者・司祭の三者が協働し、共同宣教司牧を推進・支援することを目的として …

クリスマス ― 神様の愛し方

  最近の教会行事から 初聖体 8月15日、被昇天の祝日に、北地区のN・AさんとMくんの姉弟が、初聖体を受けました。テハン神父様とご両親、初聖体クラス …

すべての人の母マリア

特集2 祝、司祭2名叙階 横浜教区では、今年も2名の司祭が誕生しました。3月20日に叙階されたルドヴィコ茨木 西村英樹神父様(山手教会 助任司祭)と、4月29日 …

主の復活が、私たちの命を新たにする

新教会委員紹介 復活祭後の新委員は以下の方々です。 新部会長紹介 地区長紹介 新6地区委員紹介 ●各部会による2021年度の活動目標 <宣教部会> 宣教部会は、 …