年間第7主日

敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい
(マタイ5・44より)

【本日の聖書朗読箇所についての解説】
◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所
◯女子パウロ会 ラウダーテ
◯福音のヒント 幸田和生元カトリック東京大司教区司教

2020. 2.23

09:30 宮内毅神父様司式
    テハン神父様は大磯教会で司式
  

【 本日の予定 】
ミサ後、聖歌隊練習、教会学校は「灰の水曜日」について
14:00 第6地区
一粒会地区委員会(於:小田原教会)

ミサ中の携帯電話の音はミサの流れを中断してしまいますので、ミサ前に必ず電源をお切りくださるか、マナーモードに設定してくださるようお願いいたします。
典礼当番、2月は東地区、3月は西地区です。
3月の掃除当番 第1~第4土曜日午前9:30から
 3月7日(土)南地区、14日(土)東地区、21日(土)北地区、28日(土)西地区
2月の聖歌隊の練習
 23日ミサ後
3月の聖歌隊の練習
 3月8日、22日、29日ミサ後。3月1日、15日はお休みです。


横浜教区 難民移住移動者委員会より、セミナー延期のお知らせ

2月29日(日)大船教会で開催予定のセミナー「外国人とともに創る教会~これからの 教会の姿~」は、急ですが延期といたします。予定されていた方々には大変申し訳ありま せんが、状況が落ち着き次第改めて開催いたします。当日は、大船教会に来られる方が おられると思いますので、難民移住移動者委員会の者が現地で待機して対応いたします。 どうぞよろしくお願いいたします。


3月1日(日)共同回心式を行います

派遣の祝福の後すぐにゆるしの秘跡に入ります。お急ぎの方は、ミサが始まる前に、 前の席にお掛け下さい。ゆるしの式が始まってから移動なさらないよう、くれぐれも お願いいたします。 共同回心式中は、ただ待っているのではなく、共同体のためにお祈りくださいますよう お願いいたします。この日聖堂内は告解場であり、共同体のための祈りの場です。祈りに 集中できるよう、聖堂内はもちろんのこと、お帰りの際も静粛を保つよう皆様のご協力を お願いいたします。


横浜教区合同入信志願式(3月1日)

横浜教区では、4月11日(土)の復活徹夜祭に入信の秘跡を受ける求道者の方々のため
に、例年のとおり、四旬節第1主日の3月1日(日)、梅村昌弘司教司式による「合同入
信志願式」が「ことばの典礼」により下記のとおり行われます。入信志願者を祝福し、喜
びを分かち合うために、代父母や講座等の担当者だけでなく、各小教区の皆様の参加をお
待ちしております。
日 時 2020年3月1日(日)15:00
場 所 カトリック藤沢教会 (藤沢市鵠沼石上1-1-17)
司 式 梅村昌弘司教
※藤沢教会には補聴のためのアシストフォンが設置されています。ただし、レシーバーに
限りがありますので、ご利用希望者は各教会よりレシーバーをご持参ください。


四旬節と灰の水曜日について

四旬節は、復活の祭儀を準備するために設けられている。四旬節の典礼によって、洗礼
志願者はキリスト教入信の諸段階をとおして、また、信者はすでに受けた洗礼の記念と
償いのわざをとおして、過越しの神秘の祭儀に備えるのである。(典礼暦年の一般原則)

この四旬節の最初の日が「灰の水曜日」で、今年は2月26日(水)です。
この日のミサの中で灰を額に塗布されますが、この儀式は人々に、死と痛悔を想起させ、
人が塵であり、塵に帰ることを改めて記憶するために行われます。初代教会の時代から、
灰は、人が悔い改めるときにかぶせられたもので、謙虚と悲しみの表現でもありました。
四旬節は、聖週間にその頂点を示しますが、その最初の日に灰が塗布されるのは、
復活祭に向けての準備を始める特別な一日だからです。


Recent articles

年間第17主日

イエスは座っている人々に、欲しいだけ分け与えられた(福音朗読主題句 ヨハネ6・11より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリ …

年間第16主日

キリストは、……十字架によって敵意を滅ぼされました(エフェソ2・15-16より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗 …

年間第15主日

主は家畜の群れを追っているところから、わたしを取り、「行って、わが民イスラエルに預言せよ」と言われた(アモス7・15より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 …

年間第14主日

キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう(二コリント12・9より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼 …