四旬節第2主日

これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者。これに聞け
(マタイ17・5より)

【本日の聖書朗読箇所についての解説】
◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所
◯女子パウロ会 ラウダーテ
◯福音のヒント 幸田和生元カトリック東京大司教区司教

2020. 3.8

09:30 宮内毅神父様司式
テハン神父様司式は大磯教会で司式
14:00 スペイン語ミサ
  

【 本日の予定 】
ミサ後、福祉部のマーマレード販売、その後、福祉部会
東日本大震災復興支援の寄付を外で受け付けます(窓口:いつくしみの会)
ショップガリラヤの丘は15日までお休みです。

ミサ中の携帯電話の音はミサの流れを中断してしまいますので、ミサ前に必ず電源をお切りくださるか、マナーモードに設定してくださるようお願いいたします。
典礼当番、3月は西地区です。
3月の掃除当番 第1~第4土曜日午前9:30から
 3月14日(土)東地区、21日(土)北地区、28日(土)西地区
3月の聖歌隊の練習
 聖歌隊の練習は3月は当分の間お休みします。29日のミサ後から始めたいと思います。


横浜教区より 新型コロナウィルス対応について

体調がすぐれない方はミサへの参加をお控えください。またご高齢の方、持病をお持ちの方も無理なさらないでください。


訃報

エスコラピオス会司祭、ロレンソ・エランドネア神父様が、3月4日(水)夜、東京の病院にて帰天されました。享年91歳でした。どうかお祈りください。なお葬儀ミサは次のとおり行われます。
 葬儀ミサ 3月11日(水)11時
 カトリック戸部教会(〒220-0043 神奈川県横浜市西区御所山町6)


「性虐待被害者のための祈りと償いの日」(3月13日(金))
神のゆるしを願い、祈りましょう

教皇フランシスコは、全世界の司教団に向けて、「性虐待被害者のための祈りと償いの日」を設けるよう通達しました。日本の司教団はこの呼びかけに応え、この日を「四旬節第二金曜日」と定めています。今年は3月13日(金曜)がこの日にあたります。
横浜教区「子どもと女性の人権を守るデスク」では、以下のような取り組みを行います。

「電話相談 特別週間」3月9日(月) ~ 13日(金)
横浜教区「子どもと女性の人権を守るデスク電話相談窓口」が、期間中は毎日下記の時間にも電話相談に対応します。今年は日本語の他、13日のみ英語、スペイン語、タガログ語に対応します。電話番号:080-7189-8146 ※期間中のみの番号です
 ◎日本語 期間:3月9日(月)~ 12日(金)   受付時間:17:00 ~ 20:00
 ◎英語、スペイン語、タガログ語 期間:3月13日(金) 受付時間:13:00 ~ 20:00
相談内容:横浜教区で活動する聖職者、修道者によるセクシャル・ハラスメント
(対象者=子ども、女性)
※秘密は厳守します。


聖パトリックデーのご案内(3月15日)

皆さま何か緑色のものを身に着けてお越しください。
ミサ後、「聖パトリックの胸当て」の祈りと聖パトリックについてのお話があります。
なお、パーティーについては中止となりました。


東日本大震災復興支援 ご協力のお願い(3月8日、15日)

①仙台サポートセンターより東日本大震災復興支援の為のスポーツタオル300円以上での寄付購入協力のお願いがありました。3月8日と15日、外で寄付と共に申し込みを受付いたしますのでどうぞご協力ください。(窓口はいつくしみの会)
②15日(日)は、カリタス南相馬支援ミニバザーを行います。前回同様に、一緒に前回のバザー品の残りを販売いたします。皆様どうぞお立ち寄りください。


「春の墓地ミサ」中止のご案内(3月21日)

3月21日(土)午前11時より「カトリック茅ヶ崎共同墓地」にて予定されていた春の墓地ミサは中止となりました。


信徒集会を行います(3月22日)

信徒集会の資料が聖堂入口にありますので、お持ち帰りの上、目をお通しください。何か質問事項のある方は、聖堂入口に「ご意見箱」を置いてありますので3月8日(日)までにご意見をお入れください。


新型コロナウイルスの終息を願い

イエス・キリスト、あなたは町や村を回り、病に苦しんでいる人々を、あなたの言葉で癒されました。今、新型コロナウイルスが世界中に広まる中で、私たちは、あなたの癒しの言葉を切望しています。全てを癒すイエス・キリストが、不確実性と悲しみのこの時代に、私たちの傍らにいらっしゃることを確信し祈ります。
・ウィルスに感染された方々が癒されますように。
・ウィルスで亡くなった方々に、あなたの永遠の平和の中で、安らかな憩いをお与えくださいますように。
・病気の方や亡くなった方の家族の方々を、絶望から守り慰めをお与えくださいますように。
・危険に身をさらし奮闘している医師、看護師、研究者、すべての医療専門家の方たちに、
あなたのご保護と平和をお与えくださいますように。
・すべての国の指導者に、長期的な防止策に関する知恵をお与えくださいますように。
私たちがどのような状況にあっても、いつも共にいてください。
この病に耐え、準備し、乗り越えることが出来ますように。
どうぞ私たちが不安に陥ることがないよう、あなたの平和をお与えください。
イエス・キリストよ、私たちを癒してください。アーメン


Recent articles

年間第29主日「子供とともに捧げるミサ」

人の子は、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来た(福音朗読主題句 マルコ10・45より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵 …

年間第28主日

知恵の手の中には量り難い富がある(知恵の書7・11より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所 ◯女子パウロ会 …

年間第27主日

人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう(創世記 2・18より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研 …

年間第26主日

「わたしは、主が霊を授けて、主の民すべてが預言者になればよいと切望しているのだ。」(民数記11・29より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼 …