「祈り、寄り添い、正義の人」教皇、ミサで聖ヨハネ・パウロ2世を回想

聖ヨハネ・パウロ2世生誕100年

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 296b87101c482629b804df43999faf4d.jpg

聖ヨハネ・パウロ2世(カロル・ヴォイティワ、ポーランド1920年5月18日-バチカン2005年4月2日、教皇在位:1978年10月16日から帰天日まで)は、誕生からちょうど100年目を迎えました。38年前に来日し、広島訪問、ゼノ神父との面談、「ヤング・アンド・ポープ大集会」 武道館では 子どもたちと一緒にポーランド民謡「森に行きましょう」をお歌いになられました。

 →リンク:「祈り、寄り添い、正義の人」教皇、ミサで聖ヨハネ・パウロ2世を回想

Recent articles

復活節第6主日(世界広報の日)

友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない(ヨハネ15・13) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研 …

復活節第5主日

わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である(ヨハネ15・5より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研究所 ◯女 …

復活節第4主日

わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている(ヨハネ10・14より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙絵解説 オリエンス宗教研 …

復活節第3主日

次のように書いてある。「メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。」(ルカ24・46より) 【本日の聖書朗読箇所についての解説】 ◯『聖書と典礼』表紙 …