新教皇はなぜフランシスコと名乗られたか

カトリック平塚教会報 第96号 2013年 3月 31日発行

新教皇がフランシスコと名乗られた理由を、教皇ご自身の談話から引用させていただきます。

Pope Francis

ローマ司教がなぜフランシスコと名乗ることを望んだのか分からないかたもおられるかもしれません。フランシスコ・ザビエル、フランシスコ・サレジオ、あるいはアッシジのフランチェスコのことを考えられるかたもいるかもしれません。皆様にお話ししたいことがあります。教皇選挙の際、わたしの隣にはサンパウロ名誉大司教で、教皇庁聖職者省名誉長官のクラウディオ・フンメス枢機卿がおられました。彼は本当に親友です。すこし危険な状態になってきたとき、彼はわたしを励ましてくれました。得票数が3分の2になると、恒例の拍手が起こりました。教皇が選出されたからです。フンメス枢機卿はわたしを抱擁しながら、こういいました。「貧しい人々のことを忘れないでください」。貧しい人々。貧しい人々。このことばがわたしの中に入ってきました。その後すぐに、貧しい人々との関連で、わたしはアッシジのフランチェスコのことを考えました。それからわたしは、投票数の計算が続き、すべて終わるまで、戦争のことを考えました。フランチェスコは平和の人です。こうしてアッシジのフランチェスコという名前がわたしの心に入ってきました。フランチェスコはわたしにとって貧しさの人、平和の人です。被造物を愛し、守った人です。現代においても、わたしたちは被造物とあまりよくない関係をもっているのではないでしょうか。フランチェスコという人、この貧しい人は、この平和の精神もわたしたちに与えてくれます。・・・・どれほどわたしは貧しい教会を、貧しい人のための教会を望んだことでしょうか。

カトリック中央協議会訳

latest articles 教会報

  • 私の魂は主をあがめます

    カトリック平塚教会報 第109号 2017年 8月 13日発行 平塚教会主任司祭 トーマス・テハン 典礼の暦の中で、聖母の被昇天の祝日は、厳 … Read More

  • 闇の中の光

    カトリック平塚教会報 第108号 2017年 4月 16日発行 平塚教会主任司祭 トーマス・テハン みなさん、復活祭を心よりお祝い申し上げま … Read More